【タメ年たちの大活躍!】林田健司が大井町駅に現る!

EROTICAO DOS
EROTICAO 『DOS』

昭和40年生まれのミュージシャン・林田健司が率いるバンド・EROTICAOが、8月24(日)に開催される東京・大井町駅の「第60回どんたく夏まつり」音楽ステージに登場する。

林田は91年に『SHERRY』でメジャーデビュー。その後、歌手、作詞・作曲家、アレンジャーとして幅広い分野で活躍を続けている。SMAPの大ヒット曲『青いイナズマ』や『$10』も彼の手による作品だ。他にも中森明菜や郷ひろみなどアーティストへ楽曲提供しており、ソロ活動も活発に行なっている他、ラテンファンクバンド・EROTICAOのボーカリストとしても活動を続けている。

そのEROTICAOが登場するのは、中央通り会場&ステージで18:00~21:00に開催されるライブイベント。林田の違った一面を間近で見られるチャンスなので、近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*