【タメ年たちの大活躍!】ミュージシャン長友仍世が参加する陽光桜プロジェクト。

陽光桜たんじょう物語昭和40年生まれのミュージシャン・長友仍世が、8月7日(木)に赤坂で開催されるライブ『陽光桜のたんじょう物語』に出演する。

長友は、92年に佐藤 晃とのユニット・infixでデビューし、これまで『機動戦士Vガンダム』のテーマ『Romancing Journey』や『仮面ライダーZO』の主題歌『愛が止まらない』をはじめとする楽曲を手がけ、アニソン界でもカリスマ的人気を誇る存在だ。

その長友が参加する『陽光桜のたんじょう物語』ライブは、奇跡の桜・陽光の開発に精魂を傾けた元教師の高岡正明氏の物語とともに、満開の春と平和を待ち続ける人々にメッセージを歌に託し伝えひろめようという音楽プロジェクトだという。陽光は、愛媛の元教師が、戦死した教え子たちを慰霊しようと30年近い歳月をかけて生み出した桜で、厳しい気象条件にも耐え、病気にも強い陽光は、今、全国各地や世界各国に広がり、いまなお、人々の心を照らし続けているのだとか。

このプロジェクトに賛同した長友が、シンガーソングライターの茜沢ユメルと共に陽光桜物語の為に結成された限定ユニット「茜沢ユメル フューチャリング長友仍世」で参加するのが本ライブだ。
 日時:2014年8月7日 開場18:30 開演19:00
 場所:赤坂グラフティ
 料金:前売り3,500円 当日4,000円(ドリンク別途 600円)

音楽の他、朗読などもあるようなので、本プロジェクトに興味のある方はぜひ参加してみてはいかがだろうか。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*