【タメ年たちの大活躍!】大榎克己が清水エスパルスの監督に就任。

大榎克己
大榎克己のJ1監督就任を伝える清水エスパルスの公式サイト

昭和40年生まれのサッカー指導者・大榎克己が、来シーズンより清水エスパルスの監督に就任することが発表された

大榎は、静岡県の清水東高校サッカー部で頭角を現し、長谷川健太堀池 巧(3人とも昭和40年男!)と共に「三羽烏」として全国にその名を轟かせる。早稲田大学を経て88年にヤマハ発動機に加入、91年のJリーグ設立に際し長谷川と共に清水に入団すると、翌年加入した堀池らと共にJリーグでも三羽烏として活躍、日本代表にも選ばれた。J1通算252試合10得点という成績を残して02年に現役を引退。以降、清水のコーチの他、早稲田大の監督も務め、東京都1部リーグから関東大学1部リーグへとチームを導くなど、指導者としての手腕を発揮し、さらに07年には全日本大学サッカー選手権大会を制した。08年からは清水ユースで指揮を執っている。

清水エスパルスは2011年シーズンからイラン出身のアフシン・ゴトビ監督が率いていたが、下位に低迷しており、今シーズンをもって解任が決定。来シーズンから大榎が同チームを率いることになる。現役引退後に培ってきた大榎の指導術が試されることになる。ちなみに、長谷川健太は現在ガンバ大阪の監督を務めており、堀池巧も解説者としてテレビなどで活躍中。サッカー界でも各所で昭和40年男たちが活躍しており、うれしい限りだ。2015年のJリーグから目が離せない。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*