【タメ年たちの大活躍!】本広克行が『DigiCon6 ASIA』の審査員に。

本誌『昭和40年男』vol.14の連載企画 “荒海に生きるタメ年男”に登場してくれた映画監督・本広克行。
本誌『昭和40年男』vol.14の連載企画 “荒海に生きるタメ年男”に登場してくれた映画監督・本広克行。

昭和40年生まれの映画監督・演出家の本広克行が、アジア最大規模の映像コンテスト『DigiCon6 ASIA』の審査員を務める。

本広克行は、織田裕二主演の大ヒットドラマ・踊る大捜査線シリーズで演出・監督を務めたことで広く知られる存在だ。高校を卒業後、映画学校、映像制作会社を経て、96年に『7月7日、 晴れ』で監督デビュー。2003 年に公開された『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、日本映画(実写)興行収入記録歴代1位の座を獲得した。近年は後進の指導やアニメ作品への取り組み、地元香川県の映画祭のディレクターなど、幅広い活動を続けている。

その本広が審査員を務める『DigiCon6 ASIA』は、今年で16回目。アジアの約10の国と地域から、優れたコンテンツクリエイターを発掘することを目的として、TBSテレビが主催する映像フェスティバルで、15分を上限としたショートフィルムを対象としている。日本国内の応募作品(現在募集中。締切は8月4日)と事前に各国で開催されたDigiCon6 Regional Awardsで選ばれた作品が一堂に東京に集まり、競い合う。受賞作品の発表は11月15日(土)だ。ちなみに本広の他に発表されている審査員はアジア・インディーズ映画のミューズとも呼ばれる女優・映画プロデューサー・映画監督の杉野希妃、押井守作品の 3DCG パートの 制作を担うポリゴン・ピクチュアズ代表取締役の塩田周三の2名となっている。

アジアから優れたクリエイターを生み出していくという重要な役割を担う本広。公式サイトでは「若い才能を本気で探してます!実写もアニメもCGも!!どんどん立ち向かって来て下さい!!」とコメントしている。次世代を担うダイヤの原石を掘り出してくれることに期待したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*