【タメ年たちの大活躍!】有馬純寿が巨大オペラの音響を担当。

サントリー芸術財団サマーフェスティバル2014
サントリー芸術財団サマーフェスティバル2014 チラシより

昭和40年生まれの音楽家・有馬純寿が、シュトックハウゼンのオペラ「リヒト(光)」から「歴年」(雅楽版と洋楽版)の上演に音響担当として参加する。

『リヒト(光)』は上演時間29時間に及ぶ、ドイツの前衛作曲家カールハインツ・シュトックハウゼン(1928-2007)による巨大オペラである。本作は音楽プロデューサー・木戸敏郎のもと国立劇場が10周年を記念して委嘱し1977年10月31日と11月1日に国立劇場第22回雅楽公演として、初演された『歴年』から始まったとされており、今回は初演以来37年間封印されていた1977年の雅楽版と、その後オペラの一部として完成された洋楽版(日本初演)が上演されるという。

両上演において、有馬純寿は音響担当として参加する予定。有馬はコンピュータを用いた音響表現を中心に、ジャンルを横断する活動を国内外で展開するサウンドミュージシャン。近年は音楽プログラミング言語「Max/MSP」を用いた音楽制作などの実験的音楽をベースに活動している。アート、演劇、パフォーマンスなど、さまざまな分野のアーティストとのコラボレーションも多く、音楽作品以外にもサウンドインスタレーションやネットワークアートなどの多様な作品を発表。2005年より帝塚山学院大学人間文化学部准教授も務める他、会田誠、小沢剛、松蔭浩之ら昭和40年生まれのアーティストグループ・昭和40年会にも参加している。

その有馬が参加する『歴年』の公演詳細は下記のとおりだ。
ザ・プロデューサー・シリーズ 木戸敏郎がひらく 「20世紀の伝言」

 『リヒト』から歴年(1977)/雅楽版(新演出)
 日時:8月28日(木) 19:00(18:20開場)
 場所:サントリーホール 大ホール(東京都港区赤坂1-13-1)

 音楽監督:木戸敏郎/共同演出:木戸敏郎、佐藤 信/照明:齋藤茂男/音響:有馬純寿

 映像:吉本直紀/衣装:今村あずさ/演出助手:恵川智美/舞台監督:小栗哲家

ザ・プロデューサー・シリーズ 木戸敏郎がひらく 「21世紀の応答」

 オペラ『リヒト』から「火曜日」第一幕 歴年(1979)/洋楽版(新演出)
 日時:8月30日(土) 18:00(17:20開場)
 場所:サントリーホール 大ホール(東京都港区赤坂1-13-1)

 音楽監督:カティンカ・パスフェーア/演出:佐藤 信/照明:齋藤茂男/音響:有馬純寿
 映像:吉本直紀/衣装:今村あずさ/演出助手:恵川智美/舞台監督:小栗哲家

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

     

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。