【S40News!】ヤマハ発動機、電動アシスト自転車『PAS』のスポーティモデル発売。

PAS VIENTA5_マットブラック_3
PAS VIENTA5 マットブラック
PAS Brace XL_スカイブルー_3
PAS Brace XL スカイブルー

ヤマハ発動機は、スポーティタイプの電動アシスト自転車『PAS VIENTA5』(パス ヴィエンタ ファイブ)を7月18日より、『PAS Brace XL』(パス ブレイス エックスエル)を8月29日より発売する。


PAS VIENTA5 マットブラック
PAS VIENTA5 マットブラック
PAS VIENTA5 ソニックオレンジ
PAS VIENTA5 ソニックオレンジ

『PAS VIENTA5』は、男女を問わず走行できるスポーティカジュアルモデルとしてリニューアルした。フレームやグラフィックなどのデザインを全面的に見直されたほか、新たに「トリプルセンサーシステム」を搭載している。


「トリプルセンサーシステム」とは、車速を感知する「スピードセンサー」、ペダルを踏み込む力を感知する「トルクセンサー」、ペダリングの速度を感知する「クランク回転センサー」の搭載により、瞬時にかつ繊細に走行状況と乗り手の動きを把握、なめらかで快適なアシスト走行を実現できるものだという。

また、リチウムイオンバッテリーを従来より約30%容量が大きい8.7Ahに変更、急速充電器を採用するなど実用性を高めつつ、内装5段変速機を採用するなど機能の最適化を行い、購入しやすい価格設定にされている。

PAS Brace XL スカイブルー
PAS Brace XL スカイブルー
PAS Brace XL ソニックオレンジ
PAS Brace XL ソニックオレンジ

『PAS Brace XL』は、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーと、内装8段変速機を搭載。通勤やサイクリングなどの長距離走行を快適に楽しめるとしている。2014年モデルは、ハンドルグリップや変速シフター、ブレーキなどのパーツ変更、カラーラインナップの変更されている。

液晶マルチファンクションメーター

2機種ともに、バッテリー残量と選択している走行モードから算出した残りアシスト走行可能距離や、消費カロリー、走行スピード、アシストパワーなどを表示できる「液晶マルチファンクションメーター」も搭載している。


『PAS VIENTA5』のカラーは、従来からのクリスタルホワイト、クローバーグリーンに加え、マットブラックとソニックオレンジが追加された。サイズは595 × 1,760(mm)、重さは21.5kg。1充電あたりの走行距離は強モードで33km、標準モードで38km、オートエコモードプラスで52km。価格は12万9,060円(税込み)となっている。

『PAS Brace XL』のカラーは、従来からのクリスタルホワイト、クリスタルブラックに加え、スカイブルーとソニックオレンジが追加された。サイズは580 × 1,765(mm)、重さは24kg。1充電あたりの走行距離は強モードで49km、標準モードで58km、オートエコモードプラスで74km。価格は16万3,080円(税込み)となっている。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。