【タメ年たちの大活躍!】吉川晃司が武道館で一夜限りのライブを開催。

f51c7c2ec5c339-350x400昭和40年生まれのミュージシャン・吉川晃司が8月16日(土)に東京・日本武道館で一夜限りのスーパーセッションライブ『KIKKAWA KOJI Birthday Night “B-SIDE+”』を開催することを発表した。

吉川はデビュー30周年を迎えた今年『30th Anniversary Live“SINGLES+”(シングルス・プラス)』と題し、8月23日から東京・日本武道館2daysを含む全8公演と、全4シリーズのアルバム及び限定BOXなどを発売した。

そして今回、全国ツアーを前に、アニバーサリーイヤーの幕開けに一夜限りのスペシャルライブを開催することが発表された。同ライブでは日本を代表するミュージシャン、Bass:後藤次利、Drums:山木秀夫、Guitar:野呂一生、Keyboards:矢代恒彦、Chorus:坪倉唯子、山根麻以らと共演する他、現在、入手困難となっているB面セレクトアルバム『B-SIDE』を会場で限定販売するのだそう。

また吉川のアニバーサリーイヤーを彩るニュースがまた1つ飛び込んで来た。9月6日(土)から全国公開される映画『イン・ザ・ヒーロー』の主題歌『Dreamn On』を吉川が作詞作曲を手がけ歌うことが発表された。走り続ける吉川のアニバーサリイヤーに注目したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。