【S40News!】トヨタ自動車、創業者生誕120周年を記念した連携展示を開催。

トヨダ AA型乗用車
トヨダAA型乗用車
創業者 豊田喜一郎
創業者 豊田喜一郎

トヨタ自動車は、創業者 豊田喜一郎の生誕120周年を記念した展示を開催している。

この展示は、産業技術記念館(愛知県名古屋市)、トヨタ鞍ヶ池記念館(愛知県豊田市)、トヨタ博物館(愛知県長久手市)、MEGA WEB(東京都江東区)、トヨタ会館(愛知県豊田市)の各館において順次、関連展示を開催するもの。5館連携での展示は初の試みだという

 120周年ロゴ

各館での展示内容と期間は次の通り。

産業技術記念館
産業技術記念館

■産業技術記念館(自動車館)

6月28日~9月15日

『「豊田喜一郎の人物像」・豊田喜一郎生誕120周年特別展「喜一郎の夢」』他。

内容は豊田喜一郎の生涯に焦点をあて、「日本人の手による自動車づくり」の思いと人物像を浮き彫りにする。

■トヨタ鞍ヶ池記念館

10月公開

『豊田喜一郎と仲間たち』他。

内容は常設展示「トヨタ創業展示室」において、豊田喜一郎と仲間たちの語録やエピソードなどを充実したものにする。

トヨペット SA型乗用車
トヨペット SA型乗用車

■トヨタ博物館

6月11日~9月15日

『豊田喜一郎ゆかりのクルマコーナー「国産車づくりへの挑戦」』

内容は豊田喜一郎ゆかりの「トヨダAA型乗用車」「トヨペットSA型乗用車」の実車展示コーナーを6月11日より新設。

■MEGA WEB(ヒストリーガレージ)

6月11日~8月31日

『トヨタ博物館との共催企画展内にて、豊田喜一郎ゆかりのクルマを紹介』

ヒストリーガレージで開催しているトヨタ博物館との共催企画展「小林彰太郎フォトアーカイブ展 -昭和の日本 自動車見聞録-」内で、豊田喜一郎ゆかりの「トヨタ AC型乗用車」を紹介する。

■トヨタ会館

12月下旬公開

『常設展示「企業と社会コーナー」内に「原点回帰(仮)」を展示』

「原点回帰」をテーマに、創業以来のモノづくりの精神などを、豊田喜一郎や創業期を支えた人々のメッセージをもとに紹介する。

施設の場所や開館時間、入場料金等はこちらに詳細がある。通常は非公開の「旧 豊田喜一郎邸」をまわるガイドツアーなども開催されるので、トヨタ自動車の歴史に興味がある人はチェックしてみよう。また、行けない人も「トヨタ自動車『75年史』」は面白いので、のぞいてみよう。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*