【タメ年たちの大活躍!】岡村靖幸が『氣志團万博2014』に出演。

スクリーンショット 2014-05-22 16.53.09昭和40年生まれのミュージシャン・岡村靖幸が9月13日から開催される野外音楽フェスティバル『氣志團万博2014』に出演することが決まった。

岡村は1986年にシングル『OUT OF BLUE』でデビューし、自身の活動のかたわら、他アーティストへの楽曲提供をし話題をよぶなど活躍を続けて来た。そして一時活動を中止していたのだが、一昨年夏に復帰してからはライブハウスを中心に精力的にライブを行なっている。昨年の夏フェスでは復活を待ち望むファンの声に後押しされ、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO』や『WORLD HAPPINESS 2012』などへ出演し、いずれのステージも大盛況に幕を閉じた。そして今年に入り3月から4月にも計15公演の全国ツアー『岡村靖幸 LIVE TOUR 2013「むこうみずでいじらしくて」』を開催したのだがチケット即完の人気ぶりを見せた。

その岡村が出演する同フェスは、2012年から開催されている野外フェスで、氣志團の綾小路 翔がオーガナイズし毎年さまざまなアーティストが共演し話題を集めている。今年は3日間に拡大され、岡村は初日に出演することが発表された。岡村の他にAKB48、the GazettE、華原朋美、氣志團、きゃりーぱみゅぱみゅ、GRANRODEO、黒夢、ゴールデンボンバー、シド、私立恵比寿中学、仙台貨物、チームしゃちほこ、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、ニューロティカ、味噌汁’s、ももいろクローバーZ、森高千里、森山直太朗、RIP SLYMEの21組。追加出演者は今後も発表される。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*