【タメ年たちの大活躍!】仲村トオル出演の舞台『エッグ』がパリで公演決定。

o04500635org_20140516000801昭和40年生まれの俳優・仲村トオルが出演する舞台『エッグ』が来年3月にフランス・パリ国立シャイヨー劇場で上演されることが決まった。

仲村は1985年に『ビー・バップ・ハイスクール』の主演オーディションに応募し、合格。同作での映画主演をきっかけで芸能界入りを果たした。その後、刑事ドラマ『あぶない刑事』と立て続けに出演し、人気を得ていき、以降、映画にドラマに舞台にと活躍を続けている。6月14日から公開の映画『春を背負って』にも出演している。

その仲村が出演する『エッグ』は架空のスポーツ「エッグ」に情熱を捧げるふたりのアスリートとひとりの女性シンガーソングライターを主人公に、スポーツと音楽に熱狂する大衆、時代の見えざる手に翻弄される人々を描く作品。仲村は劇中、アスリートの役で登場する。パリ公演は来年3月3日から8日までの5日間で、パリ公演前には東京公演、帰国後に大阪と北九州公演も予定している。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*