【タメ年たちの大活躍!】ドライボーンズの雑誌『BANDWAGON』が発売!

創刊第1号『BANDWAGON』 800円+税
創刊第1号『BANDWAGON』
800円+税

本誌『昭和40年男たちの四方山話』に連載中の武内陽明が代表を務めるファッションブランド・『Dry Bones(ドライボーンズ)』が雑誌『BANDWAGON』を創刊した。

武内は百貨店、古着屋勤務を経て23歳で自らの古着屋をオープン。現在ファッションブランド・ドライボーンズを手がけるダズル・インターナショナル代表を務め、旧き良きモノをベースに粋なアイテムをリリースしている。

その武内が編集・執筆を手がける雑誌『BANDWAGON』。誌名の意味は、本来は「行列の先頭の楽隊車」という意味だが、武内いわく「プロパガンダ(政治的商業的広報活動)における“技術のひとつ”」という別の意味も持つのだそう。その名の元に、同誌では、ドライボーンズがこれまで作ったり行ってきたことを技術体系として明文化していく。ドライボーンズの服作りの秘話から、武内がアパレル界をフィールドに、その歩んで来た半生を綴った自伝、新製品情報、ポートレートなど読み応えある内容となっている。

たとえば“INITIATION”と銘打たれたページでは、ドライボーンズの過去の銘品を紹介。今号では、映画『俺たちに明日はない』のボニーとクライドを柄に落とし込んだハワイアンシャツについて書かれている。ドライボーンズファンならぜひ読みたいコラムではないだろうか。また“傾奇物”(かぶきもの)というページでは横縞(ボーダー)柄や髑髏、和柄などについて武内による考察がなされている。

同誌は年に4回、不定期出版される予定。購入はドライボーンズ直営店または取扱い店舗にて。通信販売(コチラ)でも購入できるので興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*