【タメ年たちの大活躍!】さとうけいいち監督作『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』が公開。

2014年6月21日公開の映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』  (C)車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会
2014年6月21日公開の映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』
(C)車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会

昭和40年生まれの映画監督・さとうけいいちが監督を務める映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』が6月21日より公開される。

さとうは1980年代中頃からテレビ番組の美術やアニメーターとして活動を始め、90年代以降はキャラクターデザインやメカニックデザインなども行なう。2005年に初のアニメ監督作『鴉-KARAS』を皮切りに、『TIGER&BUNNY』や『アシュラ』などCGと作画を融合させたアニメ作品を制作する他、NTT東日本テレビCM『ガッチャマン』も手がけている。

(C)車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会
(C)車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会

『聖闘士星矢』は1985~90年に週刊少年ジャンプで連載され、少年たちから絶大な人気を集めた作品だ。原作コミックスの世界累計発行部数は3,440万部、テレビアニメはフランスやイタリア、ブラジルなど世界80ヶ国以上で放映されるなど支持を得ている。

その『聖闘士星矢』が劇場版として10年ぶりにスクリーンに登場することとなり、蘇るのは数あるエピソードの中でも一番の人気を誇る聖域十二宮編。さとうが新たにスクリーンに解き放つ『聖闘士星矢』にアニメファンの注目が集まっている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*