5月の贅沢。さわやかな風に吹かれて昼呑み!!

小池商店このブログに、大編集後記を書いていた頃のある日、ゴールデンウィーク進行のご褒美として休みを取った。かつてはバイクイベントが多く、ゴールデンウィークに休みなんてとんでもなかったのだが、最近の傾向として大型連休時にはイベントを避ける。家族サービスを放り出してしまうライダーが多いから、家族から反対意見が出ると気が付いたバイク業界なのだ。とはいえ仕事は立て込んでいるから、合間を見てチャンスをなんとかモノにしたカッコウだが、まあ贅沢なことである。せっかくの休暇に人の多い所は嫌だと、近場の散歩を楽しむことにした。

僕が住んでいるのは多摩川の下流の方で、少し上流へ行くとかつてジャイアンツが使っていた多摩川グランドがある。このグランドから土手を超えるとすぐ向かいに、『グランド小池商店』があり、昼に合わせて出かけた。ここは知る人ぞ知る、かつてジャイアンツの選手たちが、練習後のお楽しみにしていた店なのだ。かつては大にぎわいだったらしいが、最近は座れないということはほとんどない。

店内には長嶋さんを始めとして、ジャイアンツの選手たちの写真やサインがギッシリで、僕らくらいの年齢にとってまるで博物館のように楽しい。そして店の前にはテーブルとイスが並び、ここでビールを味わうのはまさに至福である。とくに5月はいい。さわやかな風にさらされながら、まっ昼間に呑むビールのなんとうまいことか。僕はお正月以外は、よっぽどのことがない限り昼呑みはしないことにしている。酒好きだからそれをやっちまったら廃人になるじゃないかと(笑)。だがこの日解禁したのは、恐怖のゴールデンウィーク進行を終えて訪れた束の間の休息だからだ。

あまりに幸せで写真を撮るのを忘れてしまったのは、ここの真っ黒に煮込まれたおでんだ。合わせてシンプルな仕上がりの焼きそばでビールを呑んでいると、まさしく昭和にタイムスリップできる。昭和40年男だったらきっと感涙にむせぶことだろう。現在のグランドの名称は『多摩川緑地広場硬式野球場』で、周辺の土手を散策して立ち寄ることを強くオススメする。

竹の子散策を終えて帰ると、友人から堀ったばかりの竹の子が届いているじゃないか。これまた5月の大きな楽しみである。湯がいて、だしをたっぷり吸わせた若竹煮を炊いた。うそ、炊いてもらった。うまいうまい。軽くえぐみを残した竹の子のなんとうまいことか。ああ、日本人でよかったと唸る瞬間である。

日本の5月といえば、目には青葉、山ほととぎす、初鰹である。この3連季語はなんと爽やかなんだろう。残念ながらウチの近所に山ホトトギスはいないが、新緑はばーっと広がっていて、いつも目にうるおいをくれる。今年は高値の初鰹だが、無粋なことは言わずドーンと買ってこよう。もう残り少なくなってしまった1年で最高の季節を、悔いのないように満喫しようじゃないか。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*