【S40News!】高精度計測&iPhone連携の体組成計『インナースキャンデュアル』。

インナースキャンデュアル_01

タニタは、BluetoothでiPhoneと連携する体組成計『インナースキャンデュアル』(R

D‐901RD‐900)を5月30日より発売する。

この製品は、体重や体脂肪率といった従来の計測機能に加え、国内メーカーの体組成計としては初めてBluetooth 4.0でiPhoneと連携した。これによりiPhoneとワイヤレス通信することができ、専用アプリで測定データをグラフ化し、記録することができる。

また、家庭用の体組成計として初めて、医療分野で用いられている精度の高い計測機能を導入。ライフスタイルにこだわりを持つ30代40代の男性や、スマートフォンで計測データを管理したい人向けに応える製品となった。

計測機能では、測定精度を高めるために、医療施設や研究分野の体組成計に搭載されているデュアル周波数計測機能を採用。従来の家庭用体組成計では1つの周波数で計測していたが、デュアル周波数計測機能では2つの周波数を用いる。これにより、身体の水分状態に関わらず精度の高い測定結果が得られるという。

インナースキャンデュアル_02インナースキャンデュアル_03専用アプリは無料で、目的別に4種類が用意されている。計測結果をグラフ化する『タニタヘルスプラネット』の他、『イケメン育成ダイエット – ふとしの部屋』、『ランニング応援ゲーム ねんしょう!2+』、『365日 腹筋アプリ SitApp』がラインナップ。

インナースキャンデュアル_04
ふとしの部屋
インナースキャンデュアル_05
ねんしょう!2+
インナースキャンデュアル_06
365日 腹筋アプリ

これらのアプリの対応OSは、iOS 5.0以降のiPhone、iPad、iPod touch(ヘルスプラネットはiOS 6.1以降)。Android端末への対応は今後検討される予定となっている。


『RD‐901』の計測項目は、体重、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、推定骨量、基礎代謝量、体内年齢、体水分率、BMIの9項目。『RD‐901』体重は50g単位で計測できる。『RD‐900』は上記から基礎代謝量、体内年齢、体水分率の計測機能が省かれ、体重は100g単位で計測できる。

 インナースキャンデュアル_07 インナースキャンデュアル_08

カラーはブラックとホワイト。電源はDC6.0V(アルカリ単3乾電池LR6×4本)、

本体のサイズは328 × 298 × 32(mm)、重さは約2.1kg(電池含む)。価格はオープンプライスで、『RD‐901』の実勢予想価格は2万円前後(税抜き)、『RD‐900』の実勢予想価格は1万6,000円前後(税抜き)の見込みとなっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*