【S40News!】キングジム、初代ダイアル式『テプラ』復刻モデル発売。

テプラPRO_SR55_01

キングジムは、ラベルライター『テプラ』の発売25周年記念として、初代機種『テプラ』(TR55)の復刻版モデルとなる『テプラ』(PRO SR55)を6月13日より発売する。

新たに発売される『テプラ』(PRO SR55)は、88年に国内初の漢字変換が可能なコンパクトラベル作成機『テプラ』(TR55)の復刻版として、当時の特長的なダイアル入力方式を採用している。また、最新の『テプラ』PROシリーズの様々な機能も追加している。

テプラPRO_SR55_03テプラPRO_SR55_04

ダイアル入力方式の操作は、現行モデルのキーボード式やローマ字入力が得意ではない子供や年配の人でも簡単にできるという。また、専用テープカートリッジは現在最も普及しているPROテープカートリッジが使用できるので、カラーラベルやアイロンラベルなど豊富な種類から選べる。


テプラPRO_SR55_06
初代『テプラ』(TR55)

搭載する機能は『テプラ』シリーズの家庭向けモデルがベースになっている。液晶画面は6文字×2行で表示されるので見やすく、入力や編集がしやすくなっているという。

書体は、明朝体、ゴシック、てがきの3種類、絵文字・記号は813種類、外枠・表組みは70種類搭載しているため、デザイン性の高いラベルを作成できる。さらにファイル登録機能で、頻繁に作る名前やフレーズを5個まで保存できるようになっている。


その他、スペックは熟語数は約63,000語、内蔵文字数は5,100文字、学習機能付き熟語変換。絵文字は441種、文字サイズは5段階5種搭載されている。

テプラPRO_SR55_02

本体カラーはブラックとホワイトの2色。使用テープカートリッジはP-TAPE規格4・6・9・12・18mm。電源は単3形乾電池×6本(別売)。サイズは約168 × 109 × 65(mm)、重さは約390g(乾電池・テープカートリッジ除く)。価格は1万6,800円(税抜き)となっている。

なお、同社ウェブサイトでは、テプラ25周年の特設サイトも開設されている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*