【タメ年たちの大活躍!】知久寿焼が記念コンサートに出演。

バンド『たま』時代の知久寿焼(左から2番目)。デビュー以来、息の長い活動を続けていたが、2003年に解散した
バンド『たま』時代の知久寿焼(左から2番目)。デビュー以来、息の長い活動を続けていたが、2003年に解散した

昭和40年生まれのミュージシャン・知久寿焼が7月19日に、自身が参加する栗コーダカルテット結成20周年記念コンサートを開催する。

知久寿焼(ちく としあき)と名前を聞いて、ピンとこない人もいるかもしれないが、80年代でのバンドブームの時に突如、現れたバンド『たま』のボーカルの人、と言うとわかるのではないだろうか。

知久は、流しの歌手だった叔父の影響を受け、高校在学中にギターの弾き語りを始めた。そして当時のアングラ音楽少年のたまり場であった東京・北千住にあるライブハウス『甚六屋』で石川浩司(写真左の通称「たまのランニング」)と出会い、1984年にバンド『たま』を結成した。知久はそのたまで、ギター、マンドリン、ウクレレを担当し、キノコのような髪型にちゃんちゃんこ(冬季はどてら)・下駄履き・ギターを紐で肩から下げるというスタイルで演奏し、異彩を放っていた。そして長い活動を経て、2003年にバンドを解散してからはソロやさまざまなミュージシャンと共演するなどし、全国各地で音楽活動を続けている。

その知久が、1994年に結成した4人組音楽ユニット・栗コーダカルテットの記念コンサートに出演。知久は、当時、栗コーダカルテットと「知久寿焼と栗コーダカルテット」とコラボレーションしライブハウスデビューをしている。チケットは栗コーダカルテットの結成20周年を記念して20円に設定。コンサートは7月19日、東京・渋谷公会堂(渋谷区宇田川町)で行われる。知久はこの他、現在も全国各地でライブを開催している。ライブスケジュールを公式Webサイトでチェックして足を運んでみてはいかがだろう。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*