【タメ年たちの大活躍!】Chirolynの新譜が発売。

スクリーンショット 2014-04-18 09.29.48昭和40年生まれのミュージシャン・Chirolynのアコースティックベストアルバム『Chirolyn Acoustic Greatest Better』が5月2日に発売することが決まった。

本誌vol.12『自分色に生きる』に登場してくれたChirolyn(チロリン)。Chirolynは20歳のときにバンドデビューし、解散後は小泉今日子のツアーベーシストを皮切りに、布袋寅泰、吉川晃司、Gackt、ウルフルズなどなどそうそうたるアーティストのバックバンドでベーシストとして活躍。

1994年にはhideのソロプロジェクトのベーシストとして起用され、98年に伝説のバンドhide with Spread Beaverにも参加している。また2000年にはミニアルバム『ZOKKON』でソロデビューし、07年からはアコースティックでのソロ活動を開始している。また先日発売された人気アイドルグループ・V6のシングル『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』の通常盤に、ベーシストとして参加するなど、数多くのアーティストのレコーディングのサポートも務めている。

そのChirolynが、2年間に延べ100本敢行したアコースティックソロライブで、会場限定で販売してきたアコースティックアルバムVol.1、Vol.2、Vol.3をまとめたベスト盤を制作した。同作にはライブで必ず歌ったというhideの名曲『Hurry Go Round』と、自身の新曲『Snake Pit』の2曲を新たに収録している。13曲目には同じく昭和40年男のミュージシャン・ウルフルケイスケも参加している。現在、コチラで先行予約販売中。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*