【タメ年たちの大活躍!】奥田民生が石川さゆりの新譜に楽曲提供。

CDジャケットは『ファイナルファンタジー』シリーズや『タイムボカン』シリーズのキャラクターデザインなどを手掛ける天野喜孝氏の書き下ろしイラストを使用している。
CDジャケットは『ファイナルファンタジー』シリーズや『タイムボカン』シリーズのキャラクターデザインなどを手掛ける天野喜孝氏の書き下ろしイラストを使用している。

昭和40年生まれのミュージシャン・奥田民生が4月23日に発売される石川さゆりのニューアルバム『X-Cross2』で楽曲提供をしている。

2012年に発売された石川さゆりのアルバム『X-Cross』。同作では石川が演歌、ジャズ、ロック、ポップスなどさまざまなジャンルのアーティストとコラボレーションし話題を集めた。

その第二弾が4月23日にリリースされることとなった。同譜で奥田は3曲目『雨のブルース』の作詞作曲を行い、石川へ提供。奥田の他には椎名林檎、TAKURO(GLAY)、森山直太朗、樋口了一などが参加している。石川さゆりといったら昭和40年男のなかにもファンが多いことだろう。その石川と奥田がコラボレーションするとどのような化学反応が起こるのだろう。ぜひチェックしたい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*