【タメ年たちの大活躍!】スラッシュがエアロスミスのツアーに同行。

スクリーンショット 2014-04-09 11.11.20昭和40年生まれのミュージシャン・スラッシュが、エアロスミスが今夏行うツアー『レット・ロック・ルール』に同行することが発表された。

ロンドン生まれ、LA育ちのスラッシュは、15歳でギターを始め、85年にガンズ・アンド・ローゼズに加入。87年に『アペタイト・フォー・ディストラクション』でデビューした。その後『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』など、数々のヒット曲を生む一方で、マイケ ル・ジャクソンやレニー・クラヴィッツ、クィーンなどのプロジェクトにも参加する。94年には自らのバンド『スラッシュズ・スネイクピット』を結成し、96年にガンズを脱退。最近ではソロアルバム『アポカリプティック・ラブ』をリリースし、これぞ正にスラッシュ、というプレイを存分に聴かせてくれている。

そのスラッシュは14歳の頃にエアロスミスの『Rocks』を聴いて人生が変わったと話すほどエアロスミスの大ファンなのだそう。一昨年発売されたエアロスミスの新譜『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』ではスラッシュが描いたポスターが特典封入されるなど、親交を深めている。

エアロスミスのツアーについて公演日程や会場など詳細はまだ発表されていないが、スラッシュが同行することが正式に発表され、同ツアーへの注目が高まっているようだ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*