【タメ年たちの大活躍!】長友の個人トレーナー・木場克己が東スポWebに登場。

スクリーンショット 2014-04-04 10.30.03昭和40年生まれのトレーナー・木場克己(こばかつみ)が東スポWebに登場し、サッカー日本代表DF長友佑都選手の肉体改造の秘話について語った。

木場は小学2年で柔道を始め、6年のときに南九州柔道大会で優勝。その後、高校ではレスリングを始め、九州大会で優勝しインターハイや国体への出場経験を持つ。その後、腰椎圧迫骨折により現役を退き、鍼灸師、柔道整復師、健康運動指導士、日本体育協会アスレティックトレーナーなどの資格を取得し医療人の道へと進んだ。そして自身のアスリート経験を活かし、FC東京ヘッドトレーナーや横浜FCメディカルアドバイザー、サンパウロFC治療担当、サッカー日本選抜トレーナーなどを務めるなど活躍を続けている。

その木場が、FC東京時代での出会いがきっかけでパーソナルトレーナーとなった長友選手の肉体改造について、東スポWebの取材を受け、その舞台裏を語っている。現在、イタリアのクラブチームで活躍する長友選手をどのように支え続けているのか。記事は東スポWeb版のコチラで読める。興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*