【S40News!】米国の電動一輪車『Ryno』が4月から出荷開始。

Ryno_01

米国Ryno Motorsは、電動一輪車『Ryno』を発売し、事前予約分を4月から出荷する。

『Ryno』は、25インチタイヤの電動一輪車で、時速16kmで走る。加速させるにはセグウェイに乗る場合と同じように、体を前に傾ければ前進する。停止は体重を後ろに傾けるか、ハンドブレーキを使用する。

Ryno_02

一見不安定なように見える一輪車だが、ジャイロセンサーとモーションセンサーが働き、停止時でも倒れることなく安定して乗車できるという。また、20%までの勾配に対応していて、急な坂道でも登坂する能力がある。

駐車させるときは、このように前に倒しておく
駐車させるときは、このように前に倒しておく

電池は取り外し可能で、12VのDCチャージャーでフル充電に約6時間ほどかかる。1回の充電で約16km(または1時間)連続して最高速度で走ることが可能になっている。また、スマートフォンを充電するための電源もついている。


開発者で同社CEOのクリス・ホフマン氏によると「公園警備やモールのセキュリティガードが使う乗り物としても関心を持たれている」とのこと。海外ではセグウェイのような、歩行者と車両の中間的な用途で注目されているようだ。

 Ryno_03Ryno_05

バッテリーを外した本体の重さは160ポンド(約72.5kg)。価格は5,295ドル。同社のホームページには、追加の費用を払えば、リチウムイオンバッテリーをアップグレードすることもできるとされている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*