【タメ年たちの大活躍!】『X-メン』最新作を手がける。

2014年5月公開の映画『X-MEN:フューチャー&パスト』
2014年5月公開の映画『X-MEN:フューチャー&パスト』

昭和40年生まれの映画監督 ブライアン・シンガーが来年5月に公開の映画『X-MEN:フューチャー&バスト』の監督を務める。

アメリカ・ニューヨーク出身のシンガー監督は、映画『パブリック・アクセス』『ゴールデンボーイ』『スーパーマン リターンズ』『ワルキューレ』などの監督作を持つ。とりわけ1995年の監督作『ユージュアル・サスペクツ』で注目を集め、2000年に『X-メン』の監督に抜擢された。

(C)2013 Twentieth Century Fox
(C)2013 Twentieth Century Fox

そのシンガーが今回メガホンをとった『X-メン』はマーベルコミックスのキャラクターである『X-メン』をフィーチャーした映画で、今作は7作目となる。シンガーは、2000年と2003年、2011年に同シリーズの監督を担当している。今作のストーリーの詳細はまだ明らかになっていないが、ミュータントたちが生存をかけ、未来と過去の2つの時空をまたにかけ壮絶な闘いを展開するようだ。シンガーは会見で「自分が今まで作った映画で最大のものになるだろう」とコメントし、また「タイムとラベル、弦理論、多元宇宙について話し合うために映画監督のジェームズ・キャメロンと会談をした」と明かしている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。