【S40News!】防滴・耐衝撃のタフネスワイヤレススピーカー『SC-NT10』。

Panasonic SC-NT10

パナソニックは、アウトドアでの使用に適した防滴・耐衝撃仕様のワイヤレススピーカーシステム『SC-NT10』を10月18日に発売する。

屋外でのリスニング環境を考慮した、オールシーズン型のタフ設計としたのが最大の特徴。水滴がかかっても使用可能な防滴性能をもち、濡れた手で扱うこともできる他、キャンプ場やビーチでも砂や砂利を気にせず使える防塵性、テーブルから落としても壊れにくい耐衝撃構造、-10度から50度までの温度環境に対応する耐温度性能を有する。

Panasonic SC-NT10

再生時はスマートフォンなどのBluetooth対応機から音楽をワイヤレスで再生。NFCに対応(Android機器のみ)しているので、おサイフケータイやNFCに対応したBluetooth機器なら、専用アプリ『Panasonic Music Streaming』をインストールして本製品にタッチするだけで接続が完了する。また、本体にステレオミニのAUX入力端子も搭載しているので、有線での接続ももちろんOKだ。

また、内蔵マイクを搭載のため、スマートフォンや携帯電話と本製品をBluetooth接続して電話を着信すれば、ハンズフリーでの通話も可能。複数人数での会話や、両手がふさがっている時などには便利だ。

Panasonic SC-NT10

音質面では、特定の周波数帯域のレベルを上げて音を聴きやすくするブーストモードを搭載している。なぜなら、屋外では音を反射するものが少なく、周囲の雑音も多いので、聴きたい音が聴こえにくい場合があるからだ。そこで、人間の耳がもつ特性を利用してこれを聴きやすくするのがこのブーストモード。なんでも、人間の耳には聴こえにくい音に対して耳の中の「蝸牛」という部分が共振して500Hz~2.5kHzの周波数を増幅するという特性があるのだとか。『SC-NT10』は、この周波数帯域のレベルを上げることで、屋外で聴こえにくい音を聴こえやすくする機能なのだ。

電源は1,500mAhの内蔵充電池を使い、Bluetooth接続で使用したときには約8時間の連続再生が可能(ブーストモード時で約1.5h)。充電時間は約5時間となっている。

Panasonic SC-NT10 Panasonic SC-NT10


キャンプやバーベキューなどの際に気軽に持ち出して音楽を楽しめる本製品。120×53.8×120(mm)とコンパクトサイズなので、持ち運びにも便利。カラーはオレンジとブルーの2色で、価格はオープン、実勢予想価格は1.7万円前後。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*