【タメ年たちの大活躍!】奥田民生がMステに出演。

スクリーンショット 2013-09-24 9.49.24昭和40年生まれのミュージシャン・奥田民生が9月27日(金)放送の『ミュージックステーション3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演する。

奥田は1987年にバンド・ユニコーンのボーカルとしてデビューし、93年のバンド解散まで数々の名曲を世に送り出した。解散後はソロでの活動をスタートさせ、94年に『愛のために』でソロデビューを果たし、自身初のミリオンセラーを達成した。以降、井上陽水とのコラボレーションやPUFFY、木村カエラのプロデュースなども行ない、その活動形態はさまざまだ。9月11日にはニューシングル『風は西から』をリリースし、10月14日からは全国11都道府県16公演ツアーを行なうことが決まっている。

その奥田が9月27日(金)放送の音楽番組『ミュージックステーション』に出演し、ニューシングル『風は西から』をテレビ初披露する。また、サッポロ生ビール 黒ラベルのテレビCMで共演した斉藤和義とともに一夜限りのセッションも行なうのだそう。そこでは斉藤和義の代表曲『歌うたいのバラッド』も歌うようだ。不器用だけどまっすぐで、渋くカッコいい男らしさ溢れ出す同曲を、奥田が斉藤とともにどのように歌うのか注目したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*