【タメ年たちの大活躍!】Chirolynが全国アコースティックツアーを開催!

Chirolynのtwiter(@Chirolyn_1965)によると、現在、会場限定で発売するCDをレコーディングしているようだ。こちらも楽しみだ。
Chirolynのtwiter(@Chirolyn_1965)によると、現在、会場限定で発売するCDをレコーディングしているようだ。こちらも楽しみだ。

昭和40年生まれのミュージシャン・Chirolynが10月11日(金)東京・渋谷Wasted Timeを皮切りに全国アコースティックツアーをスタートする。

本誌vol.12『自分色に生きる』に登場してくれたChirolyn(チロリン)。Chirolynは20歳のときにバンドデビューし、解散後は小泉今日子のツアーベーシストを皮切りに、布袋寅泰、吉川晃司、Gackt、ウルフルズなどなどそうそうたるアーティストのバックバンドでベーシストとして活躍。1994年にはhideのソロプロジェクトのベーシストとして起用され、98年に伝説のバンドhide with Spread Beaverにも参加している。また2000年にはミニアルバム『ZOKKON』でソロデビューし、07年からはアコースティックでのソロ活動を開始している。また先日発売された人気アイドルグループ・V6のシングル『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』の通常盤に、ベーシストとして参加するなど、数多くのアーティストのレコーディングのサポートも務めている。

そのChirolynがアコースティック+ドラム&ベースでアドリブセッションなどを行なう全国ツアー『Snake Pit tour 2013』を開催することが決まった。同ツアーは二巡目を迎えるツアーなのだが、会場によってはギタリストやキーボーディストも参加するなど、毎回盛りだくさんの企画で、ライブハウスはヒートアップ、大いに盛上がっているのだそう。10月11日(金)・12日(土)東京・渋谷 Wasted Timeを皮切りに全国23本を行なう。スケジュールなど詳細はChirolynの公式Webサイト(コチラ)でチェックして、白熱のライブにぜひ足を運んでみてほしい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*