【S40News!】5軸の手ぶれ補正を搭載した『カシオ・エクシリムEX-ZR800』

EXILIM EX-ZR800

カシオ計算機は、5軸・5段の手ブレ補正を備えた光学18倍ズーム搭載機『EX-ZR800』を8月23日より発売する。

タイムラグ、ピンぼけ、手ブレを限りなくゼロに近づけるトリプルゼロをテーマに、コンパクトデジタルカメラの可能性を追求しているカシオ。今回リリースされるニューモデル『EX-ZR800』は、失敗写真の大きな要因である「手ブレ」をゼロにすることを目指して、手ブレ補正を格段に強化している。

EXILIM EX-ZR800

2013年3月に発売した『EX-ZR700』の後継機種に該当する。撮像素子は1/2.3型 有効1610万画素CMOSセンサーで、画像処理エンジンには「EXILIM エンジン HS Ver.3」を搭載。レンズは35mm版換算で25-450mm相当となるF3.5-5.9の光学18倍ズームレンズだ。

EXILIM EX-ZR800

EXILIM EX-ZR800

注目の手ぶれ補正だが、HS手ブレ補正モードで撮影した場合、カメラを構えた時に起こる上下左右などの5軸の手ブレを補正する。また、光学手ブレ補正と高速連写合成の組み合わせで、5段分に相当する手ブレ補正効果を実現したとしている。

これに加えて撮影機能も強化。ゆっくりとした雲の流れや、車や人々が行き交う街の様子など、長時間の変化を短時間に圧縮して楽しむことができる話題の「タイムラプス」機能を新たに搭載している。実勢予想価格は4万円前後。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*