若いってこと。

松田優作とゆかりのある人物の取材に同行した。
ビクターエンタテインメントの
プロデューサー・高垣氏がその方である。
60歳を越えているのに
とても、そうは見えない。

取材が終ってから、同行したライター氏とその話になり
「音楽業界の人はみんな若く見える」との結論となった。
きっと、ミュージシャンやスタッフなど
若い人たちと接する機会が多いから
若さを保っていられるのだろう。

その数日後、ボクの10年くらい前の写真を見た
社内のスタッフに「今のほうが若く見える」と言われた。

相対的に若く見えるのは、
若さを保っているといい意味にとれるが
以前より若く見えるというのは、
なんかチャランポランに生きているよう(図星…)で
この歳になって言われるのは少しばかりつらいなぁ。

◆編集部員:岩崎
中途半端な凝り性で、最後まで凝りきれない自分に最近とくにいらだつ39歳。藤村 俊二氏の父親が氏に言った「40歳までは、お金をためることなく経験を積むために使え」という言葉に感化されるも、有意義に使えていない自分が腹立たしい。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。