【タメ年たちの大活躍!】予備校講師・林 修が『Number』のダイエット特集に登場。

http---number.bunshun.jp-articles---448449 (20130529)「いつやるか?今でしょう」で知られる昭和40年生まれの予備校講師・林 修『Number』のダイエット特集に登場した。

愛知県名古屋市に生まれた林は、東京大学法学部に進学。大学卒業後は日本長期信用銀行に入行するも、半年で退社し、1992年から全国展開する進学塾『東進ハイスクール』の予備校講師となり、現在は東大・京大コースなどの難関コースを中心に授業を行っている。そして林と言えば、同予備校のテレビCMでの台詞「いつやるか?今でしょ!」が話題になっており、今年はNHK連読ドラマ小説『あまちゃん』でおなじみの「じぇじぇじぇ」のどちらかが流行語大賞を受賞するだろうと言われている。

その林が、5月16日に発売された『太らない生活2013~健康と軽い体を手に入れよう』内の巻頭特集「あの人たちはなぜ太らない?」に著名人のひとりとして登場している。林の他には、タレントの田原俊彦、元サッカー選手のスポーツジャーナリスト・中西哲生、フードジャーナリスト・平松洋子。トレイルランニングの第一人者・鏑木毅らが登場。また雑誌『Number』のオフィシャルサイト『Nuber Web』では、“私の太らない生活”と題して、林のダイエット方法の一部が紹介されている。

記事によると、林は今はとてもスマートな体型をしているが、若い頃、大学受験期には100kgオーバーだったそう。それが大学に入学し、合コンで出会った女の子に「あんなデブと付き合うわけない」と言われたショックから一念発起しダイエットを始めた。そして以来20年、70kg台をキープしているのだという。タメ年の“太らない生活”に興味がある人はぜひチェックしてみてほしい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

   

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。