【S40News!】ホンダがマクラーレンと組んでF1復帰!!

McLaren Group Limited マーティン・ウィットマーシュCEO、Honda代表取締役社長 伊東孝紳
McLaren Group Limited マーティン・ウィットマーシュCEO、Honda代表取締役社長 伊東孝紳

ホンダは本日、記者発表を開催し、エンジンサプライヤーとして2015年からF1に参戦すると発表した。

手を組むのはMcLarenで、ホンダがエンジン及びエネルギー回生システムを開発・製造・供給、McLarenは車体の開発・製造及びチーム運営をそれぞれ担当し、McLaren Honda(マクラーレン・ホンダ)として活動するという。

'89 Australia GP
’89 Australia GP
'90 Mexico GP
’90 Mexico GP
'92 Canada GP
’92 Canada GP

我々にとって、“マクラーレン・ホンダ”は“強いホンダ”を象徴する思い出深い組み合わせである。黄金時代再び?という期待を抱いてしまうような、うれしいニュースといえよう。

F1では、1.6リッターV型6気筒直噴過給エンジンに加え、エネルギー回生システムが採用されるなど、エンジンのダウンサイジング化をはじめとした環境技術が来年より導入されることになっている。

同社の代表取締役社長・伊東孝紳は「ホンダは創業期よりレース活動を通じて、技術を研鑽し、人材を育んできました。自動車メーカーとして環境領域をはじめ一層の技術進化が求められる中、F1という四輪レースの頂点にも環境技術が大幅に導入されることを踏まえ、自らの技術を世界で試し磨くために、この度、参戦を決断しました。(中略)F1界を代表する名門チームであるMcLarenとともに、新世代のF1にチャレンジし、新たな時代を切り開いてまいります」とコメントしている。

一方、McLarenのマーティン・ウィットマーシュCEOは、「McLaren Hondaという栄光の名前は、我々双方にとって大変名誉であると同時に重い責任を伴うものです。この名を再びF1の頂点で輝かせ、それを継続していくことに、Hondaも我々も同じ決意を胸に共に挑戦してまいります」とコメントした。

2015年からの活躍を期待せずにはいられない。

      

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。