【S40News!】レンジファインダー式デジタルカメラ『ライカM』。

ライカM

ライカM
ライカジャパンは、レンジファインダー式デジタルカメラ『ライカM』を3月20日に発売した。

ハネ上げ式のミラーを内蔵するため、どうしても大きくなってしまう一眼レフカメラと異なり、コンパクトでミラーの跳ね上げによる振動もないレンジファインダーカメラ。その代表機種がライカMである。これはM型ライカの最新モデルにあたる製品で、伝統的なデザインを踏襲しながらも、新機能が詰め込まれている。撮像素子にはCCDセンサーの長所も取り入れた新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。有効画素数は2,400万画素で、高い描写性能で知られるレンズとの相乗効果によって、自然で鮮やかな色や繊細なディテールを描き出せるという。

ライカMまた、ライカSシステムのカメラに搭載されている画像処理エンジン、ライカ・マエストロを本モデルでも採用。CMOSセンサーとの連携によって画像を高速処理する。これによって、起動時間が短くなり、高速なレスポンスで一瞬のシャッターチャンスを逃すことがなく撮影できるようになった。

その他の新機能では、フルハイビジョンでの動画撮影機能や、ライカMシステムで初めてとなるライブビュー機能、及びライブビューフォーカス機能も備えていることも見逃せないだろう。レンズから入った像は背面の3.0型液晶モニターに表示され、露出や色合いなど仕上がりのイメージを背面液晶パネルで確認しながら撮影することができる。さらに、ライカM型モデルでは初めて、ライカ一眼レフカメラの財産ともいわれるRレンズを使用できるようになった。新製品『ライカRアダプターM』を装着すれば、これまでに製造されたほぼ全てのRレンズを使うことができるようになるという。

ライカM

ライカの歴史を堪能できそうなこのカメラ。ライカファンはもちろんのこと、本格的にカメラを始めようかと思っている人にも気になる商品だ。『ライカM』は、最高ISO感度6400、ボディサイズは、139×42×80(mm)で、重さは680g。色はブラックペイントとシルバークロームで、価格は77万7,000円。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件の トラックバック / ピンバック

  1. ぱふぅ家のサイバー小物

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*