【S40News!】タグ・ホイヤーのセーリング用クロノグラフ。

アクアレーサー500Mカウントダウン クロノグラフタグ・ホイヤーが、新モデル『アクアレーサー500Mカウントダウン クロノグラフ』を発売した。

今年1月から新たに加わったアクアレーサーシリーズの最新モデルで、マリンスポーツにちなんだシリーズ。プロダイバーたちの協力のもと、デザインと開発が進められたそうで、シリーズの特徴である50気圧(水深500m)の防水性や夜光インデックス、二重安全止め金具など、機能と技術面のクオリティの高さは、タイムピースを求めるプロのニーズに応えたものとなっている。

『アクアレーサー500Mカウントダウン クロノグラフ』は、セーリング用クロノグラフだ。印象的なのは、ウオッチ中央にある5つの小窓だろう。少し前に発売された、アメリカスカップ記念モデルにはない特徴だ。この小窓は、5分、10分、15分とカウントダウンするごとに、窓の色が赤、青、白と3色に変化していくことでストップウォッチの機能を果たす。

アクアレーサー500Mカウントダウン クロノグラフ同社は1895年に最初の防水ケースで特許を取得して以来、セーリングウォッチには深い関わりを持ってきた。1960年代以降、アメリカスカップを直接サポートし、ホイヤーのクロノグラフを搭載したイントレビッド号は1967年に優勝を果たしている。そんな海の男たちの夢が詰まった『アクアレーサー500Mカウントダウン クロノグラフ』は、マリンスポーツをする人もしない人も、身につけるだけで心が弾んできそうな、究極のウォッチといえるだろう。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*