【S40News!】翻訳機能付きペン型ワイヤレススキャナー。

miniScanEYE BTNEXXは、読み込んだ原稿をスマートフォンなどでテキスト化できるペン型ワイヤレススキャナー『miniScanEYE BT』を発売した。

わずか35gのペン型スキャナー『miniScanEYE BT』は、強力なOCR(文字認識)機能を搭載。印刷された文章の必要なところをなぞると、Bluetoothで接続されたAndroidスマートフォンやタブレット端末にテキストデータを転送、画面に表示することができる。従来のモデルがPC本体をホストとしてUSB接続する必要があったのに比べてグッと便利になっている。スマホとペン型スキャナを持ち歩くだけで、いろいろなところで印刷物から必要なテキストデータを取り出すことができるのだ。DropboxやGoogleドライブ、Facebookなどのクラウドストレージにアップロードすることもできるので、整理・活用もスムーズで仕事の効率もあがりそうだ。

miniScanEYE BTさらに、Androidデバイスがインターネットに接続されていれば、翻訳・朗読機能も活用できる。Android専用アプリの場合は、世界22ヶ国語の言語を読み取り、59ヶ国語に翻訳し、またネイティブの発音で31ヶ国語で読み上げてもくれる。また、WindowsやMac専用アプリの場合は、読み取り192ヶ国語、翻訳45ヶ国語、朗読31ヶ国語となっている。

「この資料を日本語にすることができたら…」「翻訳を今すぐしたい」という要望にも応えてくれるだろう。海外に出かけたときだけでなく、仕事や遊びの情報収集に大いに役立ちそうだ。対応OSはWindows8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.6以上、Android2.3以上。無線通信はBluetooth2.1+RDR内蔵。インターフェイスとしてUSB2.0ポート。サイズは130×18.5×37(mm)。価格は2万4,800円。


最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*