【S40News!】NSXコンセプトがさらに進化。

NSXコンセプト

ホンダは、北米国際自動車ショーにて、『NSXコンセプト』の進化版を世界初披露した。

NSX
ホンダNSX(1990)

『NSXコンセプト』は、昨年のデトロイトショーで初公開され話題を集めたモデル。もちろん、90年に発売され、オールアルミボディ、3LのV6VTECエンジンを搭載して日本中のスーパーカー好きを虜にした『NSX』の後継と目されるフラッグシップスポーツモデルだ。軽量なボディに次世代の直噴 VTEC V型6気筒エンジンをミッドシップレイアウトするのはNSXと同様。これに高効率・高出力のハイブリッドシステム、SPORT HYBRID SH-AWDを搭載しているとされる。

NSXコンセプトNSXコンセプト NSXコンセプト

外観は各所に直線的デザインを盛り込んだシャープなもので、昨年発表されたものよりスポーティさが強調されているようだ。アウディR8をシャープにしたようなヘッドライトとグリルの配置、近年のポルシェを想起させるテールランプ形状が印象的。今回は新たにインテリアも公開された。「ヒューマン・サポート・コックピット」をコンセプトに、広い視認性とエキゾチックなドライビングポジション、直感的なインターフェースで、ドライバーが運転に集中できる空間を目指したとしている。

NSXコンセプト
各所にカーボンパネルが配されており、センターには大型ディスプレイが鎮座する
NSXコンセプト
ステアリングホイールはエルゴノミクス的デザイン
NSXコンセプト
特徴的なセンターコンソールのシフト周り。従来のいわゆるレバー的なものはなく、どのように操作するのか興味津々
NSXコンセプト
シートはバケットタイプ

 ハイブリッドシステムであるSPORT HYBRID SH-AWDは、後輪の駆動を担当するエンジンと、高効率モーターを内蔵したデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、前輪の左右を独立した2つのモーターで駆動する電動式の四輪駆動システムとなる。左右のトルクを独立して制御することができるため、旋回に必要な力を自ら生み出すことでオン・ザ・レール感覚のコーナリングを可能としたという。

国産ス―パーカーとして君臨した『NSX』に憧れた昭和40年男も多いはず。各社からフラッグシップ・ハイブリッドスポーツカーがリリースされるなか、『NSXコンセプト』は新たな地平を拓くことができるか。期待は高まる。

           

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。