第1回 浅草秘密基地 開催!?

誌面や本サイトのここにも掲載した”浅草秘密基地”。
昨夜はその記念すべき第一回目となる夜であった。

本当に来てくれるのか、という不安を胸に8時前に会場のフィガロに行くと
すでに編集長・北村がギターを抱え、ノリノリで歌っていた。
店内は編集長のみ。
「来ますかねぇ」
「どうかねぇ」
今か今かと待ちながらビールを流し込む。

歌う編集長
会場に行くとすでにそこにはノリノリの編集長の姿が

一杯目を空けたころにトビラが開いた。
今回誌面づくりを手伝ってくれた金子さんである。
「来ちゃいました〜」
先日、昭和40年会の野球大会の取材で会って以来である。
(これも次号に掲載予定なのでお楽しみに!)

そして編集長の北村、金子さん、そして自分の3人で待つも
来場者は現れない。
4杯目を開けたころには10時30分をまわっていた。
今日はもうだめみたいだ。

ダメダコリャ
来場者ゼロにがっくり肩を落とす編集長北村

残念ながら、来場者ゼロ。
誰か一人くらい来てくれるかなと思っていたが、甘かったかな?
会場が小さいので宣伝しすぎるとあふれちゃうからな…などと
思っていたのは無駄な心配だったようだ。
みなさーん、来週月曜日(4/12)も開催してますから
ぜひ来てください!
お待ちしてまーす!!

フィガロ
会場となる浅草のショットバー・フィガロ。毎週月曜日の8時から開催してますので、ぜひお気軽にお越しください。

◆副編集長:小笠原
北海道生まれの35歳。仕事以外にこれといった趣味はないが、最近会社でコーヒーを豆から淹れることを覚えた。よりおいしく淹れるため、試行錯誤するのがちょっとした楽しみの一つになっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*