【S40News!】トヨタ『オーリス』デビュー。

トヨタ自動車は『オーリス』をフルモデルチェンジして8月20日に発売した。

『オーリス』は2006年に10代目カローラの発売に続いてデビューした『カローラランクス』とその兄弟車『アレックス』を統一する後継車種として登場したハッチバックモデル。その『オーリス』がモデルチェンジして2代目となった。新『オーリス』は「スポーツハッチバックの新基準」をテーマに、全高を55mm下げた低重心フォルムを採用。スポーティグレード「RS」の強化なども行なわれている。

スタイルはV字に切れ上がったひとつづきのライトとグリルに台形のバンパー開口部を組み合わせた独自のフロントの表情“キーンルック”が特徴的。今後のグローバル展開車両については、世界中どこでもトヨタ車と分かるデザインとして、このキーンルックを導入していくとしている。その第一号車なのだ。

パワーユニットは1.5Lと1.8Lの直4 DOHCエンジンが用意されており、1.5L 2WD車はアイドリングストップ機能が選べる。これにCVTと6速マニュアルトランスミッションの2種類のトランスミッションの組み合わせが選べる。駆動方式はFFもしくは4WD。価格は171万円~225万円。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件のコメント

  1. ハッチバックといえば、最初に欲しいと思った車は「アコード・エアロデッキ」でした。
    こないだ久々に見ましたが、やはりカッコいい!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*