【S40News!】スマホやタブレットが魚群探知機になる『Deeper FishFinder』。

米国Friday Lab社は、スマートフォンやタブレット端末を魚群探知機として利用できる機器『Deeper FishFinder』を発売している。

本製品は、釣り師や漁師のために設計されたもので、ソナーを使って海、川や湖で魚の位置、深さ、水温、水の底の輪郭といった情報を得ることができるもの。AndroidやiOS端末でこれらの情報を参照して、水面下の状況を知ることができる。使い方も簡単で、紐を結びつけた本体を竿で状況を知りたい水面に投下するだけ。投下するポイントに合わせて3箇所の取り付け穴が用意されている。


本体は直径65mmの球体で、重量は100g。外側は耐衝撃性ポリカーボネート素材で形成されており、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末とBluetoothで接続して水面下の情報を送信する。通信距離は約50mまでで、推進0.5~40mまでの範囲で測定が可能。バッテリーにはリチウムポリマー電池を使用し、マイクロUSB端子から充電する。


プロはもちろんのこと、釣り好きのあなたや、釣果に納得のいかないあなたには持って来いの一品。価格は149ドルだ。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*