第2号 大編集後記 〜表まわりにまで広告がないって〜

どうしても広告は入らない場合に、禁断の技もある。
“原稿を借りる ”と呼んでいるのだが、
ようするにタダでいいから広告載せませんかという、
恐ろしい作戦である。
効能としては、述べたとおり
誌面としてのリズムづくりができることと、
なんてったって恥ずかしくないことである。

この第2号を引っさげて、次号の広告営業にでかけるときがやがて来る。
苦労の末、やっとのことでアポが取れたとしよう。
「それにしても、この本広告がまったくないですねぇ」
この言葉の裏には
「ダメな本だなあ、きっと売れてないんだろうな」
との意味を込め、こんな本に広告を出しても効果はないなと
判断するのは当然といえば当然のことだ。
「では検討しますから」
と早々に帰され、後日電話を入れると
「今回は見送ります」
と言われる。
と、まあこんな筋道がつくられてしまう。
なので、せめて表まわりくらいは埋めておこうというのが
策としてはアリなのだろう。きっと。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。