【S40News!】タミヤの電動RCカー『ワイルドワン』が復刻。

タミヤは、1/10スケールのオフロード向け電動ラジオコントロールカー『ワイルドワンオフローダー』を7月7日(土)より発売する。価格は1万9,740円。

ミリタリーモデルとしての魅力にあふれた『アタックバギー』をベースとしながら、競技用途を意識した装備を備えた姉妹車が『ワイルドワン』である。ワイド&ローが特徴的な車体、ブラックを基調とした野性味あふれるカラーリングで1985年に登場したラジオコントロールカーであり、本モデルはその復刻モデルとなる。基本構成はそのままに各部に改良を加えられている。

ロールケージやヘッドライトを装備したスケール感の高いフォルムは当時のまま。ボンネットとルーフは軽量でショックに強いポリカーボネート製となっている。また、ホワイトカラーのホイールにセットされるタイヤは、前輪が方向安定性に優れたリブパターンタイヤ、後輪は十分なグリップ力を発揮するブロックパターンと当時のまま。

フレームはABS樹脂製のバスタブタイプで、7.2VレーシングパックやLFバッテリーが搭載可能となっている。トレーリングアーム式の4輪独立サスペンションには前後ともにアルミシリンダー製オイルダンパーを装備し、フロントはダンパーマウントもアルミ製。リヤエンドに搭載されたギヤケースは、オフロードにつきものの砂や小石の侵入をシャットアウトする密閉式だ。

ラジオコントロールカーが好きだった昭和40年男にとっては懐かしの一台だろう。当時を思い出しながら組み立ててみるのも悪くない。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*