令和5年、明治天皇に想いを馳せる。

▲かなり乱暴な写真で恐縮だが、ネタなんですもの。お許しあれ

オフィスのある浜松町には、家康公にも愛された増上寺というビッグスターと、江戸っ子たちが芝明神と親しげに呼ぶ芝大神宮の2大パワースポットがあり、は心を静めたい時は増上寺へ。元気になりたい時は芝明神へと行き、手を合わせる。先月うかがった時に、この看板を見つけた。元准勅祭社? 無学な僕はまったく知らない言葉ではあるが、この十社のほとんどで手を合わせているじゃないか。調べてみると、ほーっ、これは令和5年の楽しみが一つできた。

 

“もとじゅんちょくさいしゃ” と読むそうで、維新以前に皇居が京都にあった頃にまずは遡る。国家鎮護のために天皇陛下から勅使が遣わされる神社があり、「勅祭社」と呼ばれていたそうな。江戸にお引っ越しなさった明治天皇が、この「勅祭社」に准ずる神社として「准勅祭社」をこの十社に定めたとのことだ。やっぱり京都の方が格上なのかと言うなかれ、当時の心情としては仕方なしだろうと憶測を付け加えたりして。ただし、この制度は現在なくなったので、元をつけて「元准勅祭社」となっているとのこと。元と准がついていることが、令和から眺めると悪くない。これはいいことを教わりました。ありがとう、芝明神。

 

お正月にはこの十社を巡ってみようと、今からワクワクしている。ほとんどで、と前述したが、白山と王子は行った記憶が薄い。だが双方とも、過去において縁の深い地だからきっと行っているはずだ。それ以外の八社は記憶バッチリで、どれもこれも大好きないい社ばかりである。さすが明治天皇!!  これらに、明治の江戸… もとい東京へと思いを馳せながら巡るのは男のロマンである。うんうん、まっこと楽しみじゃ。

 

我が街の芝大神宮は、だらだら祭りという10日間も続く祭りがある。近年はコロナで中止だったり、今年も縮小だったが、来年は4年ぶりに完全復活となるだろう。これも今から楽しみで、9月16日がメインになるそうだ。こちらも今からチェックだ、って気が早過ぎますな。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*