ショーケンとの再会。

ストーンズにほれ込み、バンド活動にも全力で取り組んでいた当時。
実は日本のロックにもすてきな存在を見出していた。
とくにRCサクセションはライブにも何度か足を運んだ。

そして懐かしい再開もすることになる。
ヴォーカリストとしての萩原健一だ。
キヨシローと並び、日本語を歌うという意味ではものすごく影響を受けた。
ショーケンが好きだという情報を得て、越路吹雪も聴いたほどだったから。
ちなみに、キヨシローが挙げるミュージシャンはキースとかぶるので、
ほとんどが知っていたからね。

役者としてのショーケンにあこがれたあのときと違って
今回は将来目指す世界の大先輩だ。
前よりもずっとずっとあこがれた。
同一人物ながら違う目で見た。
唯一無二のヒーローとなったのだ。
D'erlanger

ならばと買ってみた松田優作については
うん、悪くはないのだがヴォーカリストとして評価するにはいたらなかった。
俺にとってはなんだかキースのヴォーカルのような聴き方をした。
そしてもう1人、アーニキーの水谷豊はね。
熱中時代でさんざん聴いています。
歌謡曲のお兄さんですね。

とにかくこうして、ついに日本のミュージシャンからヒーローを見つけた。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。