大人への階段と変遷 ~大編集後記。

 

日曜日、今日の予定はどんなんでしょうか? は宮城県で「カワサキコーヒーブレイクミーティング」というイベント仕事で強く強くタクトを振っているから、興味のある方はバイク乗りでなくともお越しくだされ。そしてそんな今日も、元気に 最新号 (vol.75) のご紹介をさせていただく 大編集後記 だ。

 

特集 は序章の子供部屋についての考察を経て、第一章の今日のタイトルへとつながっていく。“変遷” としたのは過ごした時期を3つに分けて解説したからで、小学生、中学・高校時代、一人暮らしとしてイメージイラストを載せている。今日のビジュアルはその小学生編で、左ページには小学生の頃に親しんだモノが配置されている。地球儀は3年生の時だったかな、誕生日に買ってもらった。鉛筆削りは 入学に合わせて新品を卸してくれ、ものすごくうれしかったことを覚えている。てんとう虫プレーヤーは友人が持っているのがうらやましかった。僕のはなんとも洒落っ気のない四角い箱だったからだ。

 

寝る時間を含めれば、部屋は最も長い時間を過ごす場所であり、いつも悶々としながら悩んでいた。居間はテレビ鑑賞と食事の場所で、夕飯を終えて観るべきテレビがなければ部屋に行く。その部屋とは、趣味嗜好と成長を掛け合わせながら変化していくものだ。10代後半の時に貼ったオーティス・レディングのポスターは今も貼ってあることから、激しい部屋の変遷は20歳くらいの頃にほぼ完了したということだ。だからだ、嗜好が激しく移ろう育ち盛りは時間の流れが今よりグーンと遅い。

 

中高生時代、特に高校時代は女の子のことばかり考えていた恋の季節だ。すぐ好きになっては、告れないまま彼氏の存在を知り終わっていく。小中高と通じて告った覚えがほとんどないのは、もし断られたらカッコ悪いと思っていた臆病者だからだ。加えて、女の子からモテたことがないから自信もなかった。高校時代は髪の長いロック野郎だから、誰も近づいてくれない。そのくせ、一丁前に恋は次々にする。だってね、高校時代って女の子がどんどんかわいくなっていくのだもの。あの子この子に恋はするものの、部屋で悶々としながら勝手にハートブレイクしてはバラードで慰めてもらった。

 

部屋で過ごしている自分を思い出すと、やはり高校時代が最も揺れる小舟のようだなと思う。ハイティーン・ブギですな。僕の実家は残念ながらなくなってしまったけれど、目を閉じれば弟と過ごした子供部屋がクッキリハッキリと見える。青春に心をふるわせた部屋~ (by BOROさん) 。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*