松下電器が開発、1980年製品化の電気自転車1号機「Electric Cycle DG-EC2」が 国立科学博物館 “未来技術遺産” に認定。大阪で展示中 !

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

パナソニック サイクルテックが 1980年に発売した電気自転車「Electric Cycle DG-EC2」が、独立行政法人 国立科学博物館の「令和4年度 重要科学技術史資料 (愛称:未来技術遺産) 」に認定されました。
 
 
未来技術遺産とは、独立行政法人 国立科学博物館 (産業技術史資料情報センター) が、日本の科学技術史資料のうち、「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」や「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えたもの」に該当する資料を選定し、重要科学技術史として認定、登録するもの。
 
今回、未来技術遺産として認定された電気自転車「Electric Cycle DG-EC2」は、松下電器産業 (現・パナソニックホールディングス) の 創業者・松下幸之助が、創業60周年を控えた 1976年 (昭和51年) に「電気屋らしい自転車をつくりなさい」と指示したことを受けて開発。松下電器の技術本部が中心となり、「電気と自転車を結びつける」という新しい発想から生まれた電気自転車だったとか。
 
当時の日本は、環境問題や省エネルギー化といった様々な社会課題が顕在化していった時代。そんな中「社会のニーズに応える」という想いが原動力となり、電機メーカーとしての技術とノウハウを活かした静音性に優れるフラットモーターや家庭用電源で充電が可能なバッテリーなど、主要部品から新たに開発して製品化を実現。
 
モーターのみ、ペダルのみ、モーターとペダル併用の3通りにより、最高時速18kmでの走行が可能な電気自転車として、’80年1月から大阪、奈良、和歌山、その後5月から東京、名古屋にて、500台限定で販売されたそうです。この時の開発で得た様々なノウハウや実績が、現在の電動アシスト自転車に活かされているといいます。
 
この電気自転車「Electric Cycle DG-EC2」は現在、大阪府門真市にある パナソニックミュージアム「ものづくりイズム館」で展示中。EXPO’70 大阪万博の松下館「タイム・カプセル」や、サンヨー館 で話題を呼んだ “人間洗濯機”「ウルトラソニックバス」なども展示されているこのミュージアム、訪れる機会があれば未来技術遺産となった「DG-EC2」もゼヒ、チェックしてみたいですネ。
 
(「昭和シリーズ」 “Web担当A” ) ※文中敬称略
 
 
[以下、パナソニックグループ  ニュースリリース より]

【パナソニック サイクルテックについて】
パナソニック サイクルテック株式会社は、2022年 4月に創業70周年を迎えました。現在、電動アシスト自転車のリーディングカンパニーとして業界をけん引していますが、その基盤を築いたのは、パナソニックグループを一代で築き上げた松下幸之助 創業者です。
 
松下幸之助は、幼少期に自転車店の丁稚奉公で商いの原点を学んだことから、「輪界に育ち、輪界に育てられた」と語り、自転車への思い入れは強く、初めて「ナショナル」の商標を用いたのも自転車用の角型電池ランプです。生涯その思い入れは変わることがなく、現在の当社の成長を支えている電動アシスト自転車の足掛かりを作りました。
 
当社は、2021年に生産能力拡大と環境負荷物質低減を目的とし工場を大幅にリニューアルしました。また今年はスポーツe-バイクの新ブランド「XEALT(ゼオルト)」を立ち上げ、「生活の中に、ココロ踊る時間を創る」をコンセプトに移動することで得られる感動をより多くの人に体験していただくための体験イベントを実施しています。
 
パナソニック サイクルテックは、「世界中の人々が青空の下へ走りだせる未来を創造します。」というミッションの実現に向け、最先端の技術開発により、環境にやさしく、お客様の更なる利便性と快適性を高める新たなサイクルモビリティの価値を提案します。
 
 
<関連リンク>
・独立行政法人 国立科学博物館  プレスリリース
 https://www.kahaku.go.jp/procedure/press/index.php

・独立行政法人 国立科学博物館  重要科学技術史資料
 https://sts.kahaku.go.jp/material/
 
 
パナソニック サイクルテック株式会社
ホームページ: https://cycle.panasonic.com/pct/

パナソニックミュージアム ものづくりイズム館
ホームページ:
https://holdings.panasonic/jp/corporate/about/history/panasonic-museum/facility/ism-museum.html
 

 


 
■「昭和シリーズ」SNSも展開中! フォロー&シェアで、ゼヒ応援よろしくお願いします! 

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

「昭和ジェネレーションパラダイス」
 公式サイト https://www.genepara.com
 Facebook https://www.facebook.com/showagenepara
 Twitter     @showagenepara https://twitter.com/showagenepara

※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。→ https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*