さらば、次元大介。

2017年の11月発売号 (vol.46) で、ご覧の特集を組んだ。明朗快活な主役の横で、少し影があり無口でニヒルな男たちをずらり並べたかった。主役もいいけどそんな男にも憧れたという諸氏は多かろう。表紙を飾ったコンドルのジョーだったり、RCサクセションの 仲井戸 “CHABO” 麗市さんだったり、ブライアン・メイなんかを並べた特集でよく売れた号だ。その中にあって 圧倒的な存在感を放ったのが次元大介 で、5ページを使ってカッコよく仕上げた。

 

ダンディズムを初めて教えてくれた男だった。派手で女好きでうるさいルパンとは真逆の存在でありながら、しっかりと支えるその姿はルパンより魅力を感じた。女嫌いで不二子をまるで信じていない姿も「不〜二子ちゃ〜ん」とベタベタ追いかけるルパンよりもいい。腰を振るミック・ジャガーの横でタバコをくわえてテレキャスターを弾いている、まるでキース・リチャーズである。

 

ご周知のとおり、次元を演じた小林清志さんが亡くなった。89歳だったそうだ。50年以上に渡って、次元に命を吹き込んだ。あの独特な声としゃべりが『ルパン三世』という作品に与えた力は計り知れない。俺たちにも強く影響を与えた小林さんだ。

 

他方、オリビア・ニュートン・ジョンさんの訃報も届いてしまった。73歳だったとのこと。たくさんの名曲を残したオリビアさんで、1980年 の映画『ザナドゥ』でELOと演った「ザナドゥ」や「マジック」なんかはリアルタイムヒットで今も大好きな曲だ。そしてなんといっても俺たちに強い憧れを持たせたのは翌 ’81年 のビッグヒットとなった「フィジカル」である。また昭和が遠のいてしまった気がする。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*