ラジカセで鳴らすレス・ポール。

クイーンをキッカケに洋楽に目覚めておよそ1年。
中2の冬休みに俺はついにエレキギターを手に入れた。
少ない小遣いを貯めて、さらにお年玉を全部つぎ込んで、
そのうえで足りない分を親に泣きついて借金して買ったのは、
グレコの一番安いレスポールだった。

当時で定価4万5,000円の品である。
お茶の水の楽器店を全部のぞいて、
もっとも値引きの大きな店で買った。
アンプを買う予算なんかあるわけがなく、
ラジカセにつないで出てきた歪んだ音は、
ジミー・ペイジに近づいたような気にさせてくれたが、
ほとんど練習にならないくらいつぶれていた(泣)。
ギタリストという遙か遠くにある夢が、ホンの少しだけ近づいた日であった。

ギターをいじっていることが一番の幸せで、
やがて仲間を集めてバンドを組んだ。
ほぼ全員がギタリストだったが、
ピアノも弾けるというヤツをキーボーディストに任命し、
兄貴がドラムをやっているヤツがそのポジションにすわり、
ポールマッカートニーが好きだというヤツがベーシストになった。
加えてギターが3人という6人の大所帯バンドが結成されたのが中3の1学期で、
初めて練習スタジオにも入った。
課題曲はもちろん“ハイ・ウェイ・スター”と“スモーク・オン・ザ・ウォーター”だよ。

メンバーが6人もいると、
互いの好きなミュージシャンの情報交換をするから
どんどんと音楽の幅が増えていき、
それは同時に憧れのヒーローが増えていくことにつながるのだった。
キッス、アイアン・メイデン、グランド・ファンク・レイルロード、ガールなどのハードものに混ざって、
kissIRONMAIDENGFRgirl

ポリス、高中正義、イーグルス、リー・リトナー、ウェザー・リポートといった、
異ジャンルからもどんどん吸収していった。
police高中正義eagles
リーリトナーWeatherReport

だが残念なことに周囲は受験モードに入っていった。
俺も「教師になる」という希望に向けて
大学付属の私立高校に狙いを定め、
バンド活動を一時休止した。
なんだかえらいのやらかっこ悪いのやら?

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。