ムーンライダーズ+佐藤奈々子 “伝説のライブ” 音源が『Radio Moon and Roses 1979Hz』として8/3にCDリリース! 記念イベントも開催!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

前身の “はちみつぱい” から数えると結成50年超、ほとんどのメンバーは還暦上等のさらに上をいく “アラウンド70” … “現存する日本最古のロックバンド” とも言われる ムーンライダーズ

今年4月には11年ぶりの最新アルバム『it’s the moooonriders』をリリース、まさに今なおの現役ぶりを示してみせた彼らが、今度はライブ音源をリリース。

野宮真紀「トゥイギー・トゥイギー」の作詞作曲も手がけ、そのウィスパーボイスで “渋谷系の元祖” とも言われる 佐藤奈々子 1979年 に行ったライブを収録した「Radio Moon and Roses 1979Hz」が、2022年 8月3日 (水) に日本コロムビアから発売されます。
 
 
ムーンライダーズのフロントマン・鈴木慶一氏は、『昭和40年男』本誌vol.54 の ’70年代から ’80年代への大転換期をテーマにした巻頭特集『デジタル大革命』に登場。「デジタルと音楽」について語っていただいたんですが、’79年当時のムーンライダーズといえばまさに、世界的なテクノ・ニューウェイブのムーブメントに影響を受け、新たな手法を積極的に取り入れていた先鋭的な時期。
 
今回のライブ音源でも、前年12月リリースのアルバム『ヌーべル・バーグ』に収録されている「スイマー」「マイ・ネーム・イズ・ジャック」「ジャブ・アップ・ファミリー」など、そうした傾向を感じさせる楽曲が演奏されています。
 
一方、佐藤奈々子は佐野元春との共作『Funny Walkin’』でデビュー以来、’79年までに4枚のソロアルバムをリリース。ムーンライダーズの他、加藤和彦など当時の先鋭的なアーティストの作品に参加、楽曲提供するなどした頃。
 
話題の2アーティストの共演ということで、当時から “伝説のライブ” とも言われた音源の待望のリリース。ファンはもちろん、日本のニューウェイブシーンが好きな方なら必聴でしょう。
  
今回、このライブ盤『Radio Moon and Roses 1979Hz』のタイトル、ジャケットとともに、リリース記念イベントについても発表が。

8月25日 (木) には、大阪のShangri-Laで、ムーンライダーズ出演のミニ・コンサート+トークショー。9月10日 (土) には、東京・タワーレコード渋谷店で、ムーンライダーズと佐藤奈々子によるトーク会+ジャケットサイン会が開催されるとのこと。詳細は以下のリリースにて。
 
また現在、先行チケット抽選受付中の、9月24日 (土)  東京・昭和女子大学 人見記念講堂での「moonriders LIVE 2022」と、メンバー・白井良明の、プロ生活50周年 & ムーンライダーズ加入45周年 記念ライブ「50年、それがどうしたぃ!」についての情報も掲載されているので、あわせて要チェックです!

(「昭和シリーズ」 “Web担当A” ) ※文中敬称略
 
 
[以下、日本コロムビア  ニュースリリース より ※7/16付]

ムーンライダーズ+佐藤奈々子、8月3日にリリースとなる伝説のライブ作品のタイトルが「Radio Moon and Roses 1979Hz」に決定! また、リリース記念イベントの開催も発表!
 

◆リリース情報

2022年 8月3日(水)
ムーンライダーズ+佐藤奈々子
「Radio Moon and Roses 1979Hz」

COCB-54348 / 3300円(税込)
※CD収録予定楽曲

01  スイマー
02  スタジオ・ミュージシャン
03  トラック
04  コインランドリー
05  ブラックペッパー・ジェラシー
06  女友だち(悲しきセクレタリー)
07  マイ・ネーム・イズ・ジャック
08  火の玉ボーイ
09  ジャブ・アップ・ファミリー
 
 
2022年 4月20日(水)
moonriders /「It’s the moooonriders」
 
CD: COCB-54346   ¥3,300(税込)
LP : COJA-9452/3  ¥6,600(税込)
 

◆イベント情報

日程  :2022年 8月25日(木)
開場時間:18:30 / 開演時間:19:00

「moonriders の数名による二、三の事柄 大阪スペシャル」

内容 : ミニ・コンサート + トークショー
出演者: moonriders(白井良明・鈴木博文・武川雅寛・鈴木慶一・夏秋文尚)
場 所: Shangri-La
     https://columbia.jp/artist-info/moonriders/live/80256.html
 
 
日程  :2022年 9月10日(土)
集合時間:18:30 / 開演時間:19:00

内容 : トーク会 + ジャケットサイン会
出演者: moonriders、佐藤奈々子
会場 : タワーレコード渋谷店 5F イベントスペース
     https://columbia.jp/artist-info/moonriders/live/80255.html
 

◆ライブ情報
moonriders LIVE 2022

9月24日(土) 開場 17:00 / 開演 18:00
会場: 東京・昭和女子大学 人見記念講堂

 チケット価格(税込 / 指定):
 スペシャルムーンシート(お土産付)13,200円 / 一般指定席:8,800円

チケット先行受付期間(抽選): 7月9日(土)18:00 ~ 7月25日(月)12:00
チケット一般発売日     : 8月6日(土)10:00~

チケット受付URL: https://w.pia.jp/t/moonriders-22/
 
 
白井良明 プロ生活50周年 & ムーンライダーズ加入45周年 記念
「50年、それがどうしたぃ!」

8月5日(金)18:00 開場 / 18:30 開演
会場: 東京・浅草公会堂
出演: 白井良明

ゲスト: 梅津和時、鈴木 茂、仙波清彦、
     for instance
    [白井良明(G)/ オータコージ(Ds)/
     柏倉隆史(Ds)/ 雲丹亀卓人(B)/ コイチ(Kb)]、
     moonriders、ROLLY

https://tickets.kyodotokyo.com/asp/evt/evtdtl.aspx?dmf=1&ecd=KDT02603&ucd=&jdt=&kai=
 
 

◆HP
OFFICIAL WEB        http://www.moonriders.net
日本コロムビア HP      https://columbia.jp/moonriders/
ムーンライダーズ 公式Twitter https://twitter.com/moonriders_net
 
 
◆プロフィール

ムーンライダーズ

1976年のデビューから45年以上のキャリアを誇るロックバンド。現在のメンバーは、鈴木慶一(Vo,G)、岡田 徹(Key,Cho)、武川雅寛(Violin,Trumpet)、鈴木博文(B,G)、白井良明(G)、夏秋文尚(Dr)。70年代前半に活躍した「はちみつぱい」を母体に、1975年に結成される。1976年に鈴木慶一とムーンライダース名義でアルバム「火の玉ボーイ」でメジャーデビュー。翌1977年にムーンライダーズとして初のアルバム「MOONRIDERS」を発表し、以降コンスタントにリリースを重ねる。1986年から約5年間にわたり活動を休止したが、1991年にアルバム「最後の晩餐」で活動を再開。つねに新しい音楽性を追求するサウンドは、同年代だけでなく数多くの後輩アーティストにも影響を与えている。また、各メンバーが積極的にソロ活動も行い、それぞれプロデュースや楽曲提供、CMや映画音楽など多方面で活躍中。
 

 
佐藤奈々子

大学在学中に佐野元春と出会い、歌や詩を書くことを教わる。
大学主催の女性シンガーソングライターコンテストに出場し、「綱渡り」で最優秀作詞賞受賞。
このコンテストを機に 1977年 6月、佐野との共作によるアルバム『Funny Walkin’(ファニー・ウォーキン)』で日本コロムビアよりデビュー。
1979年までに4枚のソロアルバムをリリースし、ムーンライダーズや加藤和彦など、当時の先鋭的なアーティストの作品に参加、楽曲提供するなど活動の幅を広げる。
1980年 「SPY(スパイ)」を結成。加藤和彦プロデュースによるアルバム『SPY』をリリース。

その後、プロのフォトグラファーとして広告、雑誌などで活動を始める。
1986年  日産海外向けカレンダーの撮影で、世界のカレンダーコンテストで金賞受賞。
1987年より5年間パリに移住。
 
1993年  帰国後15年ぶりに音楽活動を再開し、アルバム『Fear and loving』をリリース。 以後は nanaco名義で活動することが多くなる。
1996年  アルバム『LOVE IS A DRUG』をイギリス、アメリカ、日本でリリース。
1998年  イギリスのコクトー・ツインズのレーベル Bella UNion より、アルバム『Luminous love in 23』をリリース。
2001年  Mark Bingham(REMでグラミー賞を受賞)のプロデュースにより、アルバム『Sisiters on the riverbed』 をリリース。
日本のみならず世界的に幅広く音楽を発信している。

独特のコケティッシュなウィスパー・ヴォイスは、渋谷系の元祖とも言われた。
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*