本日発売じゃーっ!!

通常よりも1日早く、本日カワイイ弟の『昭和50年男』(vol.017) が 発売された。全国の書店で大活躍することだろう。カワイイとか言ってる場合じゃないほど完成度が高い (汗) のと、すごい数のブッキングがなされてインタビューが豪勢に並んでいる。たち世代にとっては「ラジオはその人選じゃねーよっ」とツッコミたくなるが、これが10年の時間による差異である。

 

表紙を飾った伊集院光さんは2コ下で、の生まれ育った東京のダウンタウン荒川区出身だと今回知った。同郷ってのはシンパシーを感じますな。歳も2コ違いということだからますますシンパシーで、そんな彼に今回の勝負を託したかと思うと心地いいじゃないか。ちなみにこの表紙のバックのピンクは特色と呼ばれるもので、少々専門的な話をさせてもらおう。印刷は赤・青・黄の3色と、“スミ” と呼んでいる黒の組み合わせでフルカラーになる。が、こうした蛍光系の色はどうしても鮮やかさが出ないのである。そこで、色の掛け合わせでなく、そのものずばりのインクを使って刷るのだ。5色で印刷するという、豪勢な話なのさ。以上。

 

いやいや、そんなところが豪勢ってわけでなく、前述したとおりズラリと豪華なゲストが並んでいる。個人的にうれしかったのは、電気グルーヴの登場である。元気なお二人による、掛け合いトークは必見だ。それとね、岸谷五朗さんがめちゃめちゃかっこいいじゃないの。1コ上とは思えない若々しさと、素敵すぎる笑顔はこのコーナーの最終ページをご覧あれ。うっとりするぞ。

 

俺たち世代は立ち読みでもいい。ただ、書店で必ず手に取っていただくことをお願いする兄貴である。きっとね、レジに運んじゃうよーっ。週末が楽しくなるよーっ。ぜひっ!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

  1. 我ら「昭和40年男」で過去に企画した同系統の話題を取り上げられて、思わず書いそうになる!でもやはり世代が10年違うと切り口が変わるので、「昭和40年男」でも、”ラジカセパート2″の様に過去企画の第二弾を熱望します!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*