【S40News!】SONYサイバーショットのフラッグシップ機『DSC-HX200V』

ソニーは、レンズ一体型デジタルカメラ『サイバーショットDSC-HX200V』を3月9日に発売する。

本機は、35mm版換算で27~810㎜という光学30倍のバリオ・ゾナーT*レンズを搭載し、高倍率・高画質を追求したサイバーショットシリーズのフラッグシップ機だ。“全画素超解像”技術によって、解像感を保ったまま光学ズームの2倍に当たる60倍相当の高倍率ズームを謳っている。

レンズの開放F値はF2.8~5.6で最短撮影距離は広角端でレンズから1cm(望遠端では2m)。撮像素子は1/2.3型有効1,820万画素裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”。画像処理エンジン“BIONZ”との組み合わせで高画質を実現しているという。AFスピードも速く、明るい場所で最速約0.13秒、暗所でも最速約0.2秒でのピント合わせを可能としている。さらに従来比約1/6となる低ノイズ化を図り、ISO12800相当の高感度撮影を楽しめるという。

背面には“TruBlackディスプレイ”を採用し、高コントラストの大画面・高精細(92.1万ドット)3.0型「エクストラファイン液晶」パネルを搭載する。可動する液晶面により、マルチアングルでの撮影にも対応している。

また、AVCHDフルハイビジョン(1080/60p)での動画撮影が可能で、光学式手ブレ補正と電子式の手ブレ補正とを組み合わせることで、より強力に手ブレを補正する光学式手ブレ補正(アクティブモード)を搭載しており、歩きながらの撮影や、ズーム時の撮影でも、手ブレを抑えて撮影することができるのが特徴。特に回転方向の手ブレ補正にも対応しているため、より高い手ブレ補正効果があるという。価格はオープンで、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

2件の トラックバック / ピンバック

  1. ぱふぅ家のサイバー小物
  2. サイバー商品日記

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*