【S40News!】写真で見る『SUBARU BRZ』

周知のとおり、富士重工業は新型車『SUBARU BRZ』を3月28日より発売すると発表した。ご存知、トヨタとの共同開発によるコンパクトFRスポーツで、水平対向エンジンを搭載していることが大きな特徴。トヨタからは『86(ハチロク)』のネーミングで販売されるが、スバルブランドからは『SUBARU BRZ』となる。これは“BOXERエンジン”のB、“Rear Wheel Drive”のR、“究極”のZの3文字を組み合わせたものだという。ここでは、写真で『SUBARU BRZ』をあらためて見ていくこととしよう。

フロントビュー。スバルはやはりブルーが似合うか。

特徴的なライトの形状。ハウジング内部のデザインは86と異なっているようだ。

リヤビュー。86よりもボリュームがあり、やや筋肉質な印象。バンパーの処理などにスバルらしさが垣間見える。

テールデザイン。伝統的なスポーツカー然とした感じがいい。

エアロパッケージに用意されるリヤスポイラー。

チャート コクピット 2.0Sのインテリア。フルオートエアコン装備車だ。

後部座席は最小限。大人が長時間座るにはキビシイか。

シートはサイドサポートの貼り出したバケット形状。

2.0SのMTシフトレバー。縫い方にまでこだわったものだという。組み合わされるトランスミッションはアイシン製の6速MTだ。

デジタルスピードメーター内蔵メーター。真紅の表示、個人的にはけっこう目が疲れるんだが、雰囲気のほうが大事というところか。

エンジンは2.0Lの水平対向4気筒DOHCエンジン。

水平対向エンジンといえば、もはやスバルのお家芸といってもいい。

水平対向エンジンによる超低重心パッケージングのメリットを活かし、四輪をしっかりと接地させることにより、操縦性と走行安定性、乗り心地の高さを高次元でバランスさせたという。低く設定した着座位置と合わせ、ドライバーと車との一体感を高めている。

以上、いくつかの写真と共にBRZを紹介した。グレードは下記の3つが用意される。

 ・カスタマイズに最適なグレードのRA(205万8,000円)
 ・快適性と燃費性能をバランスさせた標準グレードのR(247万8,000円~254万6,250円)
 ・走りの装備と快適装備の充実した最上級グレードのS(279万3,000円~287万1,750円)

86とBRZは、コンセプトやデザインをトヨタが担当し、開発と生産についてはスバルが行なうことになっている。どのような仕上がりになるのか、86とBRZの違いはどうなのか、市販車を見るのが楽しみだ。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*