編集部にはお宝がいっぱい。

このタイトルで今日ご紹介するのは、俺たちを育ててくれた『宝島』だ。1983年の4月号ということはは高校3年生の頃で、当時のカルチャーがてんこ盛りになっていて今見ても楽しいったらない。ページをめくっていけばロックなページが満載なのに、表紙は郷ひろみさんときたもんだ。今もギンギンに活躍する彼の将来を予感させるどころか、確定させるようなインタビューになっていて、感動的な記事である。超一流の人間てやはりいるのだなと、凡人は強く思うのだ。

 

表紙をめくるとまずはブライアン・フェリー様の登場である。続いて郷ひろみさんのかっこいい撮り下ろし見開きから、ショーケンの武道館ライブのカットにいく。これはDVDで所有しているからうれしいページで、カメラマンクレジットがないが、かなりいい一枚が掲載されている。さらにめくると、ピンク・フロイドが続くのだから凄まじいではないか。カラー8ページはここまでで、その後2色刷りページが少々続き、後は延々モノクロページとなる。時代の勢いと編集者の魂が合致して、モノクロページからもエネルギーがほとばしっている。いやあ、こんな雑誌を送り込んでくれた先輩方に感謝である。僕が常々標榜する、“雑誌の雑とは雑多の雑” であることを教えてくれている。

 

表現に萎縮がない。これがいい。表現の自由なんて言葉が陳腐化してしまって久しい、コンプライアンス社会を俺たちは生きている。SNSによって密室は密室でなくなり、言葉が拡散していく。例えば、呑み屋で従業員さんに『昭和40年男』の編集長だとバレていて、ワードだけを切り取られて拡散されたらアウトになる。会話すら自由に楽しめないのか。先の吉野家事件はさすがに許されるワードでないが、きっと渦中のご本人には本意でない部分もあるはずだ。とは言え、現代は警察社会なわけだから脇が甘すぎだ。この『宝島』も、現代だったらこのままでは発行できないだろう。出版不況はこんなところにも要素としてはある。表現が自由でなくなった雑誌をおもしろく作るのは至難なのだ。

 

“ストリートロック” と名付けて、今注目のライブ・バンドをピックアップした「ロックNOW」というコーナーがある。大好きだったストリート・スライダーズの若かり日の写真にトキメキ、こんなバンドも取り上げていたんだと感心させられたのは 爆風銃 (バップガン) である。知る人ぞ知る、ここのリズム隊とサンプラザ中野さん&パッパラー河合さんがフロントマンだったスーパースランプの融合が、爆風スランプである。ヤマハのコンテストの決勝で双方ブイブイ言わせたのだが、まったくタイプの異なるバンドだ。なぜか僕はこのコンテストの音源を持っていて、勉強させていただいたものだ。とまあ、メジャーからストリート、政治やエロまでも網羅した素晴らしい雑誌に、しばし時を忘れてしまった。って、仕事しなさい!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*