50年続く伝統のネギラー油!!

今日は写真でストーリーを作ってみた。わかるかなあ、わかんねえだろうなあ、イェーイ (懐) !!

 

 

この一杯はタネも仕掛けもない、どストレートな昭和の味噌ラーメンだ。昨今の流行りとは背を向けた、何をとっても昭和である。我が町浜松町が誇った高層ビル、貿易センタービルの地下食品街で根を張っていた札幌本舗さんである。残念ながら貿易センタービルが廃業になり、この丼ともお別れかなと思っていたところ、隣にできた日本生命浜松町クレアタワーのやはり地下に入ってくれた。はず〜っとダイエットを続けているが、たまにキレる。するとここに行き「味噌半チャン」とクールにビシッと決めるのである。

 

この店では客のほとんどが味噌をオーダーする。9割と言ったら大袈裟だろうか。でも印象としてはそうで、二番人気はチャーハンだと思われる。つまりここで「味噌半チャン」とするのは至極正しいことだ。ダイエットなんかしばし忘れてひたすら掻っ込むのである。

 

で、写真の赤いのも手書きPOPのとおり、貿易センターで根を張っていたことになる。ただ単に昭和の味噌というだけであったら、ここまでジャンキーにはならなかった。この赤いのがうまいのだ。僕は辛いのが好きだが弱い。汗びっしょりになりながら、この赤いのを少しずつ投入していきながら楽しむ。扇子と手ぬぐいは忘れちゃならない。そしてこのチャーハンもまた絶品で、これまたフツーに昭和なのだ。

 

少しだけ残念なのは、貿易センタービル時代よりマイルドになったことだ。モノすげーしょっぱかった味噌ラーメンもチャーハンも、やや塩分控えめになった。ガツンとしょっぱいスープは全部飲み干していたが、マイルドだとあら不思議、残してしまう僕がいる。チャーハンもしょっぱさだけでなく、脂がガツンと効いていた。昭和ながら、令和が少し混じっているのだ。まっ、ここに来るのはおっさんばかりだから身体を気遣ってマイナーチェンジを施したのだろう。これはこれでよい。浜松町が誇る昭和が健在である。お越しの際にはぜひお試しあれーっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*